ブログ
ブログ 2020.12.13

オーダー枕 作った後は?

理想枕 豊寝具店

ご来店下さったお客様にお話しをお聞きすると、
現在お使いの枕に対して満足されていない方がたくさんいらっしゃいます。

 

特に

冬にかけて、肩こり、腰痛、頭痛、便秘、下痢、体のだるさなどを
どうしたらいいかとの、ご相談を受ける事が多いです。

枕を替えたら、良くなるのかなあ?

枕をおすすめする私がこんな事言うのはなんですが、「枕だけの問題じゃないのかも?」

 

お客様のお悩みを様々な観点から、枕はこれが合ってるかも、その上でこうやって改善していったら良いかも?
これだけではダメかもしれないので次は、どうしましょうこうしましょう。

 

長期的な考えのもと、健康と適切な睡眠のためにこんな事をやっていったら良いんじゃないですか、

くらいのお話はさせていただきますかもしれませんが、それでも邪魔くさいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

あくまでお客様の為に、どうしたらいいかのを最優先に考えてアドバイス出来ればなと、いつも考えております。
けっして無理な営業はいたしませんので、ご安心ください。

最近ご来店いただいた、お客様のお話を聞かせていただく機会がありました。

当店以外のお店でオーダー枕はじめ、沢山のおふとんをお買い求めされたそうです。
(どうして当店にご来訪下さったのかは聞きませんでした。かなり激高されていらっしゃたので。)

ご自身の枕調整に行ったところ、枕そっちのけで、その他の商品の説明で腹が立ってきた!
延々とぶちゃけまくって。私はお聞きするばかり。
私も落ち着いてもう一回、そのお店に行かれてオーダー枕を調整される事をおすすめしましたが、これ以上いやや!
二度と行くか!!とおっしゃいました。

 

このお客様は、当店であらためてオーダー枕お作りになると言われましたが、まだ作って数週間の新品の枕があるのでもったいないですね。

それに合わせて考えていきましょうと、今色々とご相談しているところです。

 

当店みたいな小さな店は、その他のお店はよくわかりませんけど、
家賃なり、人件費なり、その他の固定費のために、そして利益を生むために、

「ノルマ売れ!」の、上から徹底的な締め付けがある事は同じ業界である故聞こえてきます。
その為店員様は、無理な営業を強いられる。
私は「お役に立っているの?」・・・。
(多くの方がおっしゃる、お客様が「買わされた」が一番嫌な言葉です。)

そんなことに縛られられずに   、
お客様がお望みの眠りに真剣に相談できる人が、
その店にいてくれることを自分の店を通じて思います。

 

私はオーナー店長ですので、自分責任かも。
当然年間、月間で売れなきゃいけない「数字」もありますが、

「お客様が気に入らなくて買わなかった」が一番痛恨の一撃と思っております。

必ず「次はどうしよう?」いつも考えている事です。

グダグダとすみません。肩こり、腰痛、頭痛、便秘、下痢、体のだるさなど

をどうしたらいいかとの、ご相談を受ける事が多いです。

 

例えば、健康のお話。
夏の冷房による体全体の冷え。冷たい飲み物、体を冷やす食べる物をたくさん召し上がられた方も多いと思います。
影響が出てくるのはこの季節でしょう。
それに加えて今年はコロナ予防のためのマスク着用のストレス。

これらが原因で体全体が内面から「冷え」があるのかも。

 

ご自身の平熱を測っている方はいらっしゃいますか?平均値は36.5度です。
そして、こんな事する方はほとんどおられないと思いますが、脇の下で体温を測ってから、足の親指と人差し指の間で体温を測ってみて下さい。
(ちなみに私は脇の下は36.7度 足先は35.9度です。)

上半身と下半身の温度差がどれくらいあるかで、体の冷え度がわかります。
お元気で健康な方で、温度差は1-3度程度。
健康にお悩みの方には5-6度程の差があります。
これは人間が歩かなくなったことにも起因があるそうです。

 

上半身にある内臓は熱量を生産するところです。
日本人の場合、ほとんどの方が今の時代、毎日食べる事は当たり前になっています。
(もちろんそうではない方がいらっしゃるのも理解しております。)
そして内臓が一生懸命活動してくれています。このため絶えず動いていて、その時に「熱」を発します。それで上半身は暖かい。

 

下半身は筋肉の動きによってしか熱を発しません。ふくらはぎ。それと、ももの筋肉。
下半身の熱を発する器官は筋肉しかありません。

今の生活スタイルで、この筋肉つまり下半身を動かすようなお仕事、家事、学生生活。
いかに少ないか・・・。
デスクワークや、ましてやリモート。

この時代には仕方ありませんが、どうしたらお客様の健康不安と睡眠不安を解消できるのか?
毎日勉強しております。

上半身と下半身の温度差が5度以上ある方は、何かしらお悩みをお持ちです。
枕に関係のないお話をさせていただくと「余計なお世話!」と怒られてしまうこともありますが、

ご病気されてから睡眠相談にいらっしゃる方が最近とても多いので、黙っていられません。

枕から健康相談やら睡眠相談にいらっしゃる、初めてお会いするお客様のお話をしっかりお聞きする事。
良い結果を後日お聞きするのが、私の楽しみです。

お話しの苦手って方も、理想枕 豊寝具店ではなんでも言ってしまえるので不思議。
でも安心したからまた来るわ!ってお帰りの際に、
おっしゃっていただく方もいらっしゃるので、ありがたいと思っております。
(毎日のお客様の滞在時間は2時間以上です。それだけお悩みをお持ちで、お話ししたいと思っていらっしゃるのだと思います。
眠りと健康に関することは何でも私共にご相談ください。)

 

さてそれてしまいました。「冷え」を取る方法は?!
次回のブログで、冷え取りの事をを解説します。

冷え取りさんしょく