ブログ
ブログ 2019.07.12

枕と肩こりの関係

こんにちは。

 

日頃、肩こりに悩まれている方は多いのではないでしょうか?

当店においても、長年肩こりに悩まれている方の来店も多く、枕を変えるだけですべてが解決するわけではありませんが、”眠りのプロ”としてアドバイスさせていただいております。

 

 

 

 

 

 

そもそも肩こりとは?

 

主に僧帽筋と呼ばれる筋肉が痛んでいる症状のことを言われます。

首から背中にかけての筋肉が緊張し、血流が悪くなることによって、老廃物が溜まりやすくなってしまうようですね。

 

症状のひどい方は、頭痛に繋がったり、吐き気を伴うこともあるようなので、できれば軽い症状のときに治めておきたいものです。

 

 

 

 

肩こりの原因は?

 

 

 

日頃の姿勢や首の位置、寝るときの体勢などが影響し、肩こりが慢性化してしまっている方が多いようです。起きているときは、スマホやパソコンを眺めるとき、自然と首の位置が前に来ていたり、背中を丸めて下を向いてませんか?眠っているときは、気づいたら腕を頭の後ろに組んで眠っていたり、枕を外して寝ていたりしませんか?それらが、肩こりの原因となっていることが大いに考えられます。

 

 

痛みを伴ったとき、病院や整骨院などで治療をしてもらうことも大事で、ただ治療をする時間は30分~1時間程度。よって、それ以上に日中の起きている時間や、眠っている時間のほうが、改善するところとしては重要なのです!!

 

 

 

 

肩こりを枕で改善する

 

 

”眠りのプロ”としてご提案させていただくこととしては、枕を変える、つまり、

睡眠時間内の改善です!

 

上記で紹介しているように、枕が合っておらず、肩こりや睡眠の質に影響が出てしまっている方は、眠り方に特徴があります。

 

特徴1:眠っているうちに枕と頭の間に、自分の腕を組んで眠っている

 

枕の高さが足りない、もしくは枕がや軟すぎる方に見られる特徴ですね。仕事の休憩中に、デスクで伏せて眠られる方いらっしゃいますよね?そのときに、腕を枕にして眠られている方がほとんどだと思います。

 

特徴2:眠っている間に枕を外している

 

枕の高さが高すぎる、もしくは、枕が固すぎてじゃまになってしまっている方に見られる特徴です。自分の好みだと思っている高さのある枕でも、意外と自分にあっていない、なんてこともあります。

 

 

 

 

まとめ

 

上記の特徴はほんの一部ですが、ご自身に当てはまる方は枕の見直しを図られてはどうでしょうか?

 

当店では、お客様ひとりひとりに合った枕を、オーダーで作ることもできます。お客様によって、頭の位置は違いますし、横を向いたときの肩幅も違います。自分の好みの枕、でもありますが、肩こりを解消させるために、本当に自分にあった枕をおすすめします。

 

お客様に合わせたオーダーメイド枕について